もらって喜ばれるノベルティグッズ
2020年3月6日 ノベルティは無料だけど宣伝効果が期待できる

ノベルティは無料だけど宣伝効果が期待できる

取引先の営業マンから、年始や年末に文房具をノベルティとしてもらったことがある人は少なくありません。

企業では、年始年末や様々なイベントでノベルティを作成して顧客に配布するということをやっています。もし、自分たちで用意することになったときは最初は文房具から作ってみると比較的用意するのが簡単です。顧客にノベルティを配る際は、当たり前ですが無料になります。基本的に販売するものではないので、渡したからと言って収入があるわけではありません。なので、作る際には収入が得られないことを想定してどれくらいの予算が必要か考えることが大切です。

収入がないのに、顧客に無料で文房具を配るなんで勿体ないと考える人も中にはいます。しかし、無料といっても顧客にノベルティを渡す効果が全くないわけではありません。企業の名前やロゴが入った文房具やカレンダーであれば、普段からちょっとした宣伝効果が期待できます。考え方によっては、名刺を配るよりも営業の効果がある可能もあります。

宣伝効果を期待するのであれば、なるべく普段から職場などで使ってもらえるものを選んでください。ボールペンなどが選ばれるのは、単純に費用が安いだけでなくよく使われる文房具だからです。年始年末なら、よく使うアイテムの一つであるカレンダーという手もオススメです。カレンダーの場合は、卓上と壁掛けのどちらを用意しても大丈夫です。どれくらいの費用が使えるか判断したら、よく使いそうなアイテムをノベルティにしてみることをオススメします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *