もらって喜ばれるノベルティグッズ
2020年4月18日 企業が社内でノベルティを賢く活用するコツ

企業が社内でノベルティを賢く活用するコツ

顧客へのPRとしてノベルティを配布するのが一般的ですが、最近では企業内で上手に活用する事例も増えています。

特に業績を上げた社員への報償として、企業名入りのオリジナルグッズを配るのが静かなブームになっています。大量に配布する場合には単価が低くなりますが、社員へのインセンティブとして配る場合には高級品を選ぶことが多いです。質が高くて実用性がある商品を選ぶのが、社員向けにノベルティを配る場合の基本です。高級品も取り扱っているネット通販を活用すると、ブランド傘などの手ごろなアイテムを見つけることができます。

そして社員だけではなくてその家族向けにオリジナルグッズを作成すると、多くの人たちに企業の事業内容について理解してもらえるようになります。また家族向けにノベルティを作成する場合には、とりわけ社名入りのカレンダーが人気があります。洗練された風景の写真入りのオリジナルカレンダーを配布すると、多くに人たちに喜んでもらえます。

家族などの会社関係者を出発点として、つながりのある人たちに幅広くロゴ入りのグッズを配る方法もあります。特に新製品を紹介するオリジナルグッズを作ってこまめに配ることが、自社製品への身近な需要を掘り起こすことにもつながります。そして子供向けのグッズを作るのが、ノベルティ作成のトレンドになっています。子供たちを未来のユーザーと位置付けて、長期的な視点でPRを行うのが理想的なスタイルです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *