もらって喜ばれるノベルティグッズ
2020年7月6日 ノベルティを制作するときに気を付けること

ノベルティを制作するときに気を付けること

企業の宣伝活動をおこなうために取引先や顧客に対して配るノベルティグッズは、選び方を間違えてしまうと、企業にとって利益には繋がらず、コストばかりがかかってしまいます。

ノベルティグッズを選ぶときには、一目で企業の印象を表せるようにロゴやイメージカラーを取り入れるといいでしょう。ですが、それだけでは記憶に残ることはありません。大切なことは、もらった相手が毎日使えるような、日用品を意識するといいでしょう。気を付けたいのは、軽量で持ち運びがしやすいものです。印象的なものを作ることは必要ですが、持ち運びが難しかったりバッグに入れたときにかさばるのでは、普段使用することを躊躇ってしまうかもしれません。文房具やエコバッグのように、簡単に持ち歩けて活用の場が広いものの方が好まれる傾向にあります。そして、季節感を意識することも大切です。

うちわやカイロなどは、季節がズレてしまうと使用する期間がなく忘れられてしまいます。制作期間には時間もかかるため、実際に配る季節を考えて制作する必要があります。ノベルティを配ることは、企業の宣伝だけではなく、売り上げにも貢献します。単に宣伝だけなら、チラシやWEB広告でもできます。ですが、普段使用している日用品に書かれている名前は、1日に何度も目にするため、より記憶に残りやすいのです。企業の名前やイメージをアピールするには、配る相手の年齢や性別を意識して選ぶといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *