カンボジアから実習生を受け入れる前に知るべき点

カンボジアは日本企業にとっては非常に魅力的な国の一つとなり、多くの人がカンボジアの人材や労働力を求めて進出をする様になりました。


カンボジアへ進出する前には、まず国の特徴や現地で暮らす人々の特徴をしっかりと把握する事が重要で、事前にどの様な特徴があるのかを把握しておく事をお勧めします。
まず若い労働力という点では日本と大きな違いがあり、人口の半数以上がまだ20歳以下という若い労働力が溢れています。日本は高齢化社会と言われており、若い人口が減少傾向にありますが、カンボジアには今後活躍出来る人材が豊富にいる事になります。

カンボジアの実習生のことならお任せください。

そこで実習生として日本で受け入れる企業も増え、工場での仕事や建設業等若い労働力を必要とする業界では、重宝される事でしょう。



そして現地には日本に限らず、中国や韓国系の企業もすでに多く進出しており、アジア圏の国に対して抵抗が少ないともされています。

中でも日本で働き、日本企業で働く事を熱望している人も多く、現地で日本語を学ぶ人も多いと言われています。


実際に日本で実習生として受け入れる場合、簡単な日本語はすでに学んでいる人も多く、日本人としては受け入れやすい人材がいる特徴もあります。


親日家と言われる人材も多く、実習生として働らきたい人も多いため、受け入れ側としてはより受け入れやすい環境にあるとも言えるでしょう。



この様に日本に対してポジティブなイメージを持っている外国人の受け入れによって、人材の確保にも繋がり将来的な視点で見ると是非導入したい制度でしょう。