カンボジア王国の紹介と技能実習生の受け入れ方法

カンボジア王国の首都はプノンペンで、言語はカンボジア語です。


周囲はベトナム・ラオス・タイに囲まれたインドシナ半島に位置する国です。

カンボジアの実習生を考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

多くの国民が敬虔な仏教徒であるため、感謝すること、親や年長の人を敬うここと、協調性があり誠実で、日本人と似たような国民性です。

物価が安いのが特徴で、平均月収は100米ドル前後です。

この国は日本が最大の援助国なので、日本人に対して友好的で対日感情が良い地域です。


信頼性の高い日本製品も大人気で、現地の人にとっては日本企業は憧れの的です。


カンボジアには日本で学びたいと願う人が大勢いるのです。



外国人が日本で働くためには、資格や就労が可能な職種についてが厳しく制限されています。

ところが外国人の技能実習制度を利用すれば、外国人が日本国内において幅広い業種で仕事に就いて技能を身に付けることができます。


技能実習制度は開発途上国などから実習生を受け入れて、一定期間にわたり日本で培った技術を身に付けて本国で生かしてもらうための制度なのです。

カンボジアには日本に技能実習生を送り出すための組織(実習生送り出し機関)があり、日本にも事務所を置いています。実習生送り出し機関を利用すれば、日本語のコミュニケーションを学んだ実習生を日本の企業が受け入れることが可能です。

近年は中国の人件費が高騰したために、東南アジアに工場をシフトする日本企業も増えています。

カンボジアに事業所を設置することを考慮しているのであれば、実習制度を活用して日本で技術を身に付けてもらってから現地の事業所で働いてもらうことも可能です。