カンボジアの外国人研修生の実態について - プロモーションにも繋がるカンボジア実習生の受入れ

カンボジアの外国人研修生の実態について

カンボジアの外国人研修生は、故郷では考えられないほどの給料をもらっています。

仕送りをすれば家族を全員養っていけるくらいのもので、貯金をすれば家を建てられる金額になります。
それは何故かという、円高の問題です。

待望のカンボジアの外国人研修生の有益な情報をお届けします。

カンボジアで流通している紙幣と、日本政府が発行している紙幣は価値が違います。


また、カンボジアは物価が安いという特徴もあります。


外国人研修生という名を使って慈善活動をしているのですから、当然技術を身に着けて故郷に送ることが前提になっていると思いますが、基本的には単純作業を行うことが多いです。

外国人研修生は日本語を喋れず、集団意識も低いため、使い物にならないというのが現状です。
カンボジアの外国人研修生をしっかりと建て直すには、まずは日本語を最低限覚えていることが必要になってきます。

これはどの業界でも同じです。


外国に行くのに外国語がわからないとなると、意味がありません。何故、この国に来たの、という話になります。

それは非常に残念なことです。指示をしても意味がわからなければ意味がありません。何を指摘しても頭に入っていきません。

それは非常に拙い事態です。
色々な人がいます。



ただ、外国人に関しては外国人で集まっていることが多いので、指導者役の人は関わる機会がありません。
カンボジアの外国人研修生は、非常に働き者で、日本に長くいたいと思っています。



そうした中で、まずは日本のルールを徹底してやっていくことが必要になってきます。